粟島釣り紀行!!

最近、忙しくてブログ、怠けてました。ごめんなさいm_ _m。

先日、23日水曜(定休日の前夜)先週、中止になった粟島へ夜釣りに釣りの師匠と行ってきました。その時様子を、少しお話します。午後9時過ぎに家を出て、三豊市詫間町須田港

9時半頃に到着 師匠が予約していた、海上タクシー「いたくら」さんで粟島へ出発!

夜の海を約10分で、粟島に到着、早速荷物を降ろし、港の横の防波堤へ移動。
今回のターゲットは、師匠はシーバス(スズキ)、私は、ジーバス&いつものメバル
防波堤から、海面を覗き込むと、いきなり、ダッパァーン!とシーバスが跳ねているではないですか。
ドキドキしながら、ルアーを付け、投げてみました。
 何回投げても、海草ばかり、だんだん飽きてきて、私はメバル釣りに変更、
波止の先まで行き、釣り始めました。
 その途端、「タモ網持って来てー!」と師匠の声が、波止に座って釣っていた私は、慌てて立ち上がろうとして、かかとが引っかかり、3mくらい下の海面へ、左の靴が落ちてしまいました。粟島で一番最初にタモ網ですくったのは、私の靴でした。トホホ…
左足をクチュクチュ言わせながら、師匠の所まで、タモ網を持って行き、今度は、シーバスをすくいました。

よっ!流石師匠、

その後、私にも当りが!私の粟島第一匹目は、

なんと、餌取フグ君(ピンボケ^^)地球に優しい釣りを目指している?私はすかさずリリース

そんな、私を尻目に師匠2匹目GET!

55cmくらい!

メバルは、一向に釣れず、飽きかけてきた時、何かHIT!今度は、フグとは違う、いつものメバルとも違う、ひき方?
引き上げてみると。

なんと、アジ!メバルのルアーで初めて、アジを釣りました、流石粟島
2匹目もと何回も投げたが、全然釣れない。

その後、違う港へ場所を移動、
 さっきと違い、海面にメバルがポチャポチャと、たまにシーバスもダッポーンと跳ねています。
なんだか、釣れる予感!
 師匠は、シーバス狙い、私は、メバル狙いで、釣っていると、目の前をでっかいシーバスがフワーッ、フワーッと泳いでいるではありませんか、それも何匹も、「くそー!さっきの港にシーバスの竿置いてきた。」と思いながら、メバルを釣っていました。
見える魚はなかなか連れないもので、師匠もシーバスのルアーをいろいろ変えながらアタックするものの、釣れる気配なし。
 私は、メバル狙いなので、ぼちぼち、そこそこの型のメバルを釣っていました。たまに松イカなど泳いでくるので、タモ網ですくいながら、2時間くらいそこで釣っていました。
 ぼちぼちそこも飽きてきたので、場所移動、何やら師匠取っておきの場所に連れて行かれました。
今度は、私もシーバス狙いです。
 20投くらい投げた所で、私の竿に当りが、イエーイ!

ようやく、私にもシーバスちゃんが、満足満足^^

だんだんと辺りも、明るくなってきました。

夜明の、この少しの間が最後のチャンス!と何度も投げましたが、結局、その場所では、私の1匹だけ
この日は、諦めて、定期便の出る港へ帰り、帰り支度をしました。


何故か、港の波止の上には、ヒトデが大量に干されているのをよく見ました。

何かの呪い?

小さなフェリーに乗り、師匠いきなりダウン

私も、続けてダウン、気が付くと詫間の須田港に着いていました。
この日は、いろいろな釣りをしたので、釣果自体は、そうでもなかったけれど、結構遊べました。
なかなか、面白いですね!

PS, いつも一緒に行っている、奥さんの実家の義父も一緒に行くのを楽しみにしていたのですが、次の日朝から遠方で、お葬式があるとの事で、今回は、泣く泣く欠席でした。粟島の定期便の時間を伝えてあったので、私が須田港に着くや否や、電話がかかって来て、興味しんしんで、一部始終を聞かれました。よっぽど行きたかったようです。
私は、1日半体の調子がおかしかったです。体力無いですね^^
Trackback:
トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

やりすぎ^^;

 実は、今年の入ってほぼすべての水曜日の夜(定休日前の夜)私の奥さんの義父と夜釣り(メバル釣り)に行っています。お店を閉めて午後9時くらいから出発!行き先は詫間の庄内半島の先端、室浜港から三島の大王の港までいろいろと行っています。
 一度、1月の中ごろ夜中のテトラポット下の方で釣っていた時、3時になり帰り支度をしてさー帰ろうと、義父に「気付けて上ってよー、危ないけん!」とか言いながらテトラポットを上っていると、私が2m以上有るテトラの穴に転落!!眉毛の横を打って、顔面血だらけ(傷は軽症ですが顔なので血がいっぱい出たので)仕方なくそのまま車に乗り、帰路につきました。途中、血だらけの顔のままローソンに寄り消毒液を買ったので、店員さんが目を丸くしていました。
次の日の顔
 そんなこんな釣り、何が「やりすぎか^^;かと言うと」昨日いや今日の朝も調子に乗って朝5時までイカ釣りの人たちの中、〇〇の一つおぼえのメバルを釣っていました。釣果は40匹くらい、あまりに小さいのは、勿論リリース(地球にやさしい釣り?)やめられません!
そのうち仕掛けなどの説明もしますのでお楽しみに。
Trackback:
トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

釣り情報




今晩、お店を閉めて友人とメバル&イカの道具を持って、まず川之江港へイカ釣りの人がいっぱいの中2人ワームでメバルを釣っていました。30分位釣ったけど1匹しか釣れず、場所を三島に移動到着と同時に雨がパラパラ悪条件の中、1時間で10匹くらい釣ったが、あまり食べる気がしないので、すべてリリース、その後豊浜港へメバル1匹釣って続けて投げていると、目の前をイカがっ!!

慌てて、餌木の付いた竿を車へ取りに行き、帰ってくると当然、姿は見えません。トホホ  その後しばらく餌木を投げていると、またもやイカが出現! 慌てずイカのそばへ すーーっと寄って来てGETォーーーー!!その後、もう一杯釣って本日の釣りは終わり。メバルは、1匹だけだったので、リリース、地球に優しい釣りを心掛けています。かな?


Trackback:
トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.