アーカイブ

これは、October 2008 アーカイブです

お祭始まりましたね!

わが「本町朝日太鼓」の出発式です。

1日目は、9時くらいから雨になって残念でしたが、この日は宵祭り、2日目、3日目が本番、雨が降らなければいいのですが。
Trackback:
トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

高松香西 本津獅子保存会

先日、弊店に高松市香西地区から2人のお客様が来店され、今年のお祭には間に合いませんが、来年以降の法被や衣装などのお話をいろいろと話しました。
今年は、昨日、一昨日の10/4,5の2日間「本津獅子保存会」で、獅子を使われると言う事で、さすが、約60km離れた弊店まで足を伸ばされるだけあり、獅子の話を熱っぽく話され、5日(日)の夜は、夜の12時近くまでやっているとの事でした。
仕事が終わってからでも、まだ間に合うぞ、と思い友人と共に本津獅子を見に行く事にしました。
店を閉め、高松市香西本町にある宇佐八幡宮(今年建替えされているためリンクの写真は古いです)を目指していざ出発です。
 はじめて行く神社なので、ナビを見ながら9時過ぎに神社へ到着、なんだか様子が変?いかにも祭の後といった感じで、
いつも以上に寂しさが漂っています。
 遅くまで獅子がいて賑わっていると言う御旅所まで言ってみたけど、電気はついていたもののこちらも閑散としています。

なんだかいやな予感がしてきます。
近くのコンビニで、本津獅子さんの集会場を聞いて、道に迷いながら、何とか探して見つけました。

突然の訪問で、少しビックリされていたけど、暖かく迎え入れてくれました。
集会場の中で、いろいろとお話を聞くと、残念な事にお祭自体が雨で5時に中止になったそうです。
また、お疲れの所、獅子頭や扇の舞の格好などをしてくれましたので、写真を撮りました。

獅子舞で使う頭にしては、非常に大きく、重いため大変だそうです。


これが扇の舞の決めポーズ!


若頭(わかちょう)さんと子供さん、干していた法被まで着て頂き写真を撮りました。


また、鳴り物の笛などは、女性の方も演奏される様で、祭の余韻に浸っておられました。

今年は、獅子を奉納している宇佐神社が建替えられて、初めての記念すべきお祭で、晴れていたら拝殿前(屋外)で、獅子舞をするのですが、雨のため、頭屋(とうや)の当っている獅子だけが、拝殿の中の畳の上で舞ったということでした。立替新築の拝殿内で獅子舞をするという事は、生きている内には、まず無いと言っておられました。

ビデオから写真を撮ったので、画像が荒いですが、物凄くハードな獅子舞で
ビデオカメラの小さな画面からでも、迫力を感じました。

本津獅子保存会の皆さんこれからも頑張って下さい。
Trackback:
トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

遅ればせながら、FREE情報誌「FUN」

恒例の10月お祭特集のFUNに広告を入れました。
先日、我が家のトップモデルの撮影を報告したやつです。

10月号は、人気が高くすでに、巷からなくなっているようですね。
豊浜の写真は、去年私が撮影した物が載っていますが、
岡太鼓台さんのは、私が撮影をした時にはすでに提灯を準備していて、
ちょうさがはっきり写っていません。代わりに一昨年の写真を渡していたのですが、
編集の方に話が届いていなかったのか、残念です。 ごめんなさい!


そして、我が家のスーパーモデルが写っている広告部です。
広告の方は、背中を見せるため後姿の写真を採用しています。
モデル着用の子供用「朝日鯉口シャツ」は、6着しか作っていない、超レアアイテムです。

先日 9月20日には、3歩しか歩けず、うちのちょうさの総代が務まるか心配でしたが、2週間経った今は12歩歩く様になったので、安心して任せられます。
この頃の成長はすごいですね!
Trackback:
トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

カレンダー 発売開始!

弊店で 今年(来年の?)のカレンダー 2008〜2009年のカレンダーを発売開始しました。
一部1000円で店頭のみの販売です。
今年のカレンダーは、去年より物凄く発行部数が少ないので、レアアイテムの予感がします。

詳しくは、弊店ホームページのトップからカレンダーのページへ見に行ってください。

Trackback:
トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.