アーカイブ

これは、2 2008 アーカイブです

金比羅宮書院の美

昨日、定休日(毎週木曜日)だったので、家族で「金比羅宮書院の美」へ出かけてきました。(ちなみに最終日だったようです。)

円山応挙、伊藤若冲などの虎や草花などの襖絵を鑑賞してきました。
撮影禁止と言うことで、画像はありません。上の画像をクリックしてHPを参照してください。

 一通り、見終わって、書院からは、近かったので、前から聞いていた「資生堂パーラー 神椿」へ行き休憩しようと言うことになり、息を弾ませながら言ってみました。
気にせず参拝していると気付かない建物ですが、階段を下りるとモダンな建物が建てられていました。
コーヒーとあん入りクロワッサンなどを食べ、一息ついたので、息子をかわるがわる見ながら、交代でトイレへ行きました。
私が、男性用トイレに行って小便器を覗くと、面白い仕掛けがしてあったので、思わず写真に撮ってみました。
便器の中に黒い丸い物が付いています。



よーく見てみると、黒い線のてんとう虫のシールのような物が貼られています。

おっ!これは、以前テレビで見たことのある「的」、ドイツの公衆便所で便器から外へこぼし、掃除に困っていて、ドイツでは、便器にハエを描いた様です。
すると、男心をくすぐるのか、外へこぼすのが激減し、清掃費も大分削減したというニュースを思い出しました。

ちなみに、私もくすぐられて、的当てをしてしまい、するとこのてんとう虫に小便をかけると、体温で赤く変色し驚きました。
赤くなった所も写そうかと思ったのですが、あまり綺麗でなかったので、やめました。

9.4kgの息子を抱いての石段かなり堪えております。

Trackback:
トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.