瀬戸内国際芸術祭と空き家

瀬戸内国際芸術祭が7月19日〜10月31日にかけて開かれます。

高齢化や過疎化に悩む島々の魅力を再発見するチャンスです。

特に空き家を活用した作品には非常に興味がありますね。

以下、毎日新聞に載っていた記事より・・・。

 

◇自然の美体感−−女木島

 女木島のテーマは美しい自然。休校中の小学校には、世界のギャラリーが集う「福武ハウス」を展開。空き家を利用し、作品展示やコンサートの舞台をつくる愛知県立芸術大のプロジェクトも予定。

 「鬼ケ島」の別名があるのは、島の中央に巨大な洞くつがあるから。1931年から公開され、観光客を集めている。女木港周辺では、潮や風を防ぐ「オオテ」と呼ばれる石垣(高さ3、4メートル)が見られる。

 面積2・7平方キロ、人口約200人。

 【他の主な参加アーティスト】レアンドロ・エルリッヒ、行武治美、ロルフ・ユリアス、鈴木康弘

 ◇伝統工芸磨く−−男木島

 急斜面に民家が密集し、路地が入り組む。港に建設されるジャウメ・プレンサ氏(スペイン)の交流館(仮称)をゲートに、山頂にある神社までプロジェクトが展開される。

 斜面の空き家10〜15軒程度を使い、現代美術家たちが漆や和傘、うちわなどの瀬戸内の伝統工芸品を題材に、新しい表現を試みる。香川漆器の職人が協力する、家全体を漆塗りにした「漆の家プロジェクト」も。

 島のお年寄りの生活に欠かせない手押し車や椅子などを、アート作品にする計画もある。

 島北端の男木島灯台は、映画「喜びも悲しみも幾年月」のロケに使われ有名になった。

 面積1・4平方キロ、人口約200人。

 【他の主な参加アーティスト】大岩オスカール、オンバ・ファクトリー、川島猛とドリームフレンズ、島こころ椅子プロジェクトグループ5、谷口智子、谷山恭子、中西中井、西堀隆史

 ◇空き家に息吹−−犬島

 島には1909年、銅精錬所が開設され、労働者などで島の人口は3000人を超え、にぎわった。しかし、銅価格暴落などがあり、10年で休業。そのまま再開しなかった。

 跡地は07年、経済産業省が「近代化産業遺産群」に認定。遺構は08年、環境などをテーマとした「犬島アートプロジェクト」第1期の中心施設「精錬所」に生まれ変わった。

 芸術祭に向け、第2期工事も進められている。空き家や空き地を活用し、建築家の妹島和世氏が設計し、柳幸典氏ら現代美術家の作品を置く複数のギャラリーを整備しており、4施設を今年7月までにオープン予定。また、演劇集団「維新派」によるイベントも開催される。

 島は良質な花こう岩を産出、大阪城、江戸城などの石垣に使われている。しかし、現在は採石業も衰退。人口は激減して約60人。面積0・54平方キロ。

 【他の参加アーティスト】長谷川祐子、藤原和

 ◇聖地に新施設−−直島

 ベネッセコーポレーション(岡山市)が、安藤忠雄氏設計の「地中美術館」やホテルを展開し、古民家などを改修して作品にした「家プロジェクト」を進めるなど、「現代アートの聖地」として知られる。

 韓国出身で日本を拠点に国際的に活躍する現代美術家、リー・ウーファン氏の作品を展示する新美術館を島南部に建設中。地中美術館と同じく大部分が地下に埋まった安藤氏の設計で、今年6月に完成予定。

 また昨年7月には、現代美術家、大竹伸朗氏とgrafの「直島銭湯『I〓湯』」をオープン。男湯と女湯の間の壁にドーンと居座る象の像がシュールだ。

 古くから海上交通の要衝で、江戸時代には幕府の直轄地となり、海運業や製塩業で栄えた。大正時代、三菱合資会社(現三菱マテリアル)が製錬所を設 立。発展の一方、煙害をもたらし、山が枯れたことも。03年に豊島に不法投棄された産廃の処理施設が完成。まちづくりとして環境産業を育成している。

 面積7・8平方キロ、人口約3400人。

 【他の主な参加アーティスト】千住博


空き家は貴重な資産です。きっちり管理して未来のために残しましょう。
空き家管理舎 HP はこちら 

活用されていない空き家情報はこちらにお願いします。
香川空き家バンク HP はこちら 
現在三豊・観音寺地域で募集中です。



『斜陽』の舞台全焼

太宰治の代表作「斜陽」の舞台になった神奈川県小田原市曽我谷津の旧別荘「雄山荘」から、二十六日午前四時十分ごろ出火、木造平屋建て約百四十平方メートルを全焼した。同六時三十分に鎮火、けが人はなかった。雄山荘は空き家で、小田原署は不審火とみて出火原因を調べている。

 小田原市などによると、雄山荘はかつて、斜陽の主人公のモデルとされる故太田静子さんが疎開して住み太宰は一九四七年二月に一時、滞在した。斜陽は太田さんの日記を基に書かれたとされる。作品中では「伊豆の別荘」と表現されているが、室内の描写や周辺の景色などが酷似し雄山荘が舞台だったとされる。

 昭和初期の建築物で、数寄屋造り。十数年前から空き家状態で雨漏りがするなど老朽化が激しかった。

こうしてまたひとつの歴史を刻んだ建物が消えてしまいました。



空き家火災多発!!

28日午前1時10分ごろ、埼玉県熊谷市瀬南の空き家から出火、木造平屋の空き家約73平方メートルが全焼するなどした。

 熊谷署の調べでは、この家は2年間ほど空き家になっており、火の気はなかった。同署は不審火の可能性もあるとみて調べている

また、25日午前5時25分ごろ、横浜市保土ケ谷区新井町の木造2階建ての空き家から火が出ているのを、隣に住むタクシー運転手の男性(46)が見つけて119番通報した。空き家と、隣接する木造2階建て住宅3棟が全焼し、さらに住宅4棟が延焼した

これから乾燥して火災の危険が増えます。

空き家は特に放火の被害にあいやすい物件です。

周りに燃えやすいものがないかもう一度確認しておきましょう。


空き家管理舎でした。






香川県内で火災が多発。

19日夜,高松市で無施錠の空き家が全焼。20日には、同市と三木町で倉庫が焼ける火事があった。観音寺市では民家が半焼した。
県内全域乾燥注意報が出てます。
もう一度家の周りを見回して燃えやすいものが置いてないかチェックしてください。

空き家管理舎でした。



ガス漏れ:ボンベが腐食/山梨

30日午後7時15分ごろ、甲府市上町の空き家から「ガスのにおいがする」と近所の女性から119番があった。

 南甲府署と甲府地区消防本部によると、放置されていたプロパンガスのボンベ2本のうち1本の底が腐食しており、ガスが漏れたという。



君津で空き家が火災

23日午後0時35分ごろ、君津市黄和田畑の空き家から出火しているのを近所の人が見つけ、119番通報した。

 この火災でわらぶき屋根の平屋建て住宅約100平方メートルが全焼。けが人はなかった模様。


空き家率過去最高に。

今日の四国新聞に空き家率の事が出てました。過去最高は今後も更新し続けるでしょう。

以下、四国新聞より。。

総務省が28日にまとめた2008年の住宅・土地統計調査(速報)によると、昨年10月1日現在の住宅の全国総数5759万戸中、空き家の割合は13・ 1%を占め、前回03年調査を0・9ポイント上回り、過去最高を更新した。また65歳以上の高齢単身世帯も前回調査から22・4%増の414万世帯で過去 最高となった。

 空き家率は地方で高い傾向にあり、総務省は「都市部への人口流出や独居老人が施設に入るなどして空き家になるケースが多い」としている。都道府県別の最高は山梨の20・2%、最低は沖縄の10・2%だった。

 全国の総住宅数は、前回調査より370万戸(6・9%)増加。住人がいる住宅は4961万戸で、住人がいない798万戸のうち、昼間に一時利用されている住宅などを除く756万戸が空き家だった。

 都道府県別で空き家率が高いのは、ほかに長野19・0%、和歌山17・9%、高知16・5%などで、山梨、長野両県について総務省は「空き家とみなされる別荘が多いことも要因」とみている。低率だったのは沖縄のほか、神奈川10・5%、埼玉10・6%などだった


空き家問題が苦情のトップ・・・。

連日暑い日が続いてます。空き家管理舎です。

先日、ニュースで気になる記事が・・・。

弘前市に寄せられた2008年度の環境苦情件数が350件を超え、そのうち約4分の1が空き地や空き家の適正管理に関する苦情だったことが分かった。雑草の成長で害虫が発生するため、近隣住民の迷惑となり苦情が寄せられている現状が浮き彫りになった。市は文書通知や広報で適正管理の徹底を呼び掛けている。
 市環境保全課によると、同年度の環境苦情件数は353件。04年度は263件だったが、06年度からは300件以上の苦情が寄せられており、08年度は過去5年間で最多となった。
 環境苦情の内容で最も多いのは、空き地や空き家の適正管理に関するものだった。件数は昨年度より38件多い85件。内訳は空き地の苦情が66件に上った。

具体的には雑草の繁茂や塀などの崩落、果樹を食い荒らすアメリカシロヒトリの発生など。08年度は気候条件で雑草の成長が前年度よりも活発化したため、見た目が悪いという苦情が多く寄せられた。また、その影響で害虫のアメリカシロヒトリなどが集まったことも苦情件数の増加につながったとみられる。

以上 陸奥新報 より抜粋。。

空き家の増加とともに苦情の数も増えるのは当然といや当然ですね。

今の時期特に雑草が勢いよく伸びてくるし羽アリが飛び出したり毛虫の類が出てくるし・・・。

今日も朝から草を刈ってきました。スズメバチが巣を作ろうとウロウロしてました。。

先日は足元をヘビがニョロニョロ。。。

いろんなことがあって楽しいです。

○今日のラッキー 雨も大したことなさそうです。ラッキー



トトロの家全焼

「トトロの家」として親しまれてきた東京杉並区にある古い木造の空家が14日、火事で全焼した。この家を管理している杉並区当局が16日、明らかにした。



空き家から出火、放火か/神奈川

25日午前4時45分ごろ、厚木市三田の空き家から出火、東隣の無職、****さん(77)方と、さらに南隣の団体職員、***さん(38)方に延焼した。いずれも木造2階建ての住宅3棟、延べ約252平方メートルを全焼し、約3時間後に鎮火した。けが人はなかった。

 厚木署は放火の可能性もあるとみて原因を調べている。